データの保護は万全ですか?データ保護に関する無料ガイドブックをダウンロード

  • アーカイブサービス利用を検討中の方へ種類ごとにポイントを解説

    2017.12.25

    デジタルアーカイブ

    アーカイブサービス利用を検討中の方へ種類ごとにポイントを解説

     データ量の増加とデータ保存期間の長期化が同時進行している昨今、企業が保有する重要データの長期保存ニーズに応えるために、アーカイブサービスに類するサービスが各事業者から提供されるようになっています。各社が提供するサービスの特徴は様々ですが、重要データを確実かつ効率的に長期保存できるアーカイブサービスを選ぶためには、各サービスのポイントとユーザの環境およびニーズを把握した上で、適切な比較検討を行う必要があります。とはいえ、基本的にはどの事業者も自社サービスのいいところを強調するので、精緻な比較検討を行うにはやや困難が伴うという実情もあります。

     そこで今回は、アーカイブサービスの種類を大まかに分類した上で、それぞれのポイントを解説いたします。

    メディア保管型アーカイブサービス

     ユーザが保有しているアーカイブデータを記録したメディア、HDDや磁気テープなどを預かって、サービス事業者が管理するデータセンターや倉庫で保管するタイプのアーカイブサービスです。運用がシンプルであり、データセンターや倉庫の災害対策やセキュリティが整っているのであれば、データが被災・流出する可能性を低くすることができます。ユーザとサービス事業者間のデータのやりとりがメディアで行われるので、送受データが大容量の場合も問題ありません。また、事業者がアーカイブサービス提供を終了しても、保管されているメディアが無事であればアーカイブデータを全て回収することが容易に可能です。

     一方で管理単位がメディアとなるため、どのメディアに何のデータが記録されているかはユーザ側で管理する必要があります。データ消失の可能性を低減するための副メディア作成による冗長化や、メディア劣化等に備えたコンバート等もユーザ側で行わなければなりません。ユーザとサービス事業者間のメディア搬送におけるセキュリティを確保する必要があれば、サービス事業者側に搬送体制がなければ、ユーザ側で搬送手段を手配しなければなりません。

     サービス形態がシンプルである代わりに、データを安全かつ確実に長期保存するためにユーザ側でも補足をする必要があるのが、メディア保管型アーカイブサービスといえます。

    オンラインストレージ型アーカイブサービス

     Webインターフェースを用いて、サービス事業者が用意するストレージにアーカイブデータをオンラインでアップロード、必要があれば検索してダウンロードできるタイプのアーカイブサービスです。基本的に簡単に使用できることに加えて、大容量データでなければスピーディに送受が可能であることが、メディア保管型より優れているポイントです。ストレージやメディアの管理運用をアウトソーシングできるメリットに加えて、最低利用料金も比較的安価な傾向にあります。

     一方でデータセンターのスペックや所在地域が非公開であることが多く、サービス利用に際してカントリーリスクや被災リスクを許容せざるを得なくなるケースもあります。回線のスペックにもよりますが、大容量データのアップロードやダウンロードには長時間を要する弱点もあります。事業者がサービス提供を終了することになった場合、保管しているアーカイブデータの回収が困難となる可能性もあります。最低利用料金が安価であっても、データのダウンロードは有料で大容量データを扱うと高額料金が発生するというケースもあります。

     便利に利用できる反面、サービス形態によっては重要データの長期保存において許容されるべきでないリスクを伴うため、特にユーザ企業が保有するアーカイブデータを全て預けてしまうことは不適当と考えられます。ただし、メディア保管など他のデータアーカイブ手段と組み合わせて冗長化・リスク分散の目的で用いるには効果的なのが、オンラインストレージ型のアーカイブサービスです。

    デジタルアーカイブサービス

     ワンビシが提供するデジタルアーカイブサービスは、メディア保管型とオンラインストレージ型のアーカイブサービスにおける利点を組み合わせて、データ長期保存のための様々な仕組を付加したハイブリット型のアーカイブサービスです。デジタルアーカイブのユーザはインターネットでデジタルアーカイブシステムにアクセスすることによって、ワンビシの国内データセンター内に設置されたストレージに、オンラインでアーカイブデータをアップロード、データが必要になればファイル単位で検索してダウンロードすることができます。そしてアップロードされたアーカイブデータは、磁気テープに記録して保管されます。メディアで物理的に保管することによって、仮にサービス提供が終了してもアーカイブデータを容易に回収可能です。送受したいデータが大容量の場合は、ワンビシの集配車両で搬送することも可能です。

     その他、データを確実に長期保存するためのテープコンバートや、副テープ作成による冗長化を標準サービス内で行います。そして、書き込まれたデータの上書きや消去ができないテープを用いて改ざん防止を施すなど、重要なアーカイブデータの保護を徹底的に考えて提供しているのが、デジタルアーカイブサービスです。

    まとめ

     今回はアーカイブサービス利用を検討されている方に向けて、アーカイブサービスを、シンプルな運用が可能なメディア保管型サービス、便利に使えるオンラインストレージ型サービス、ハイブリット型のデジタルアーカイブサービスに分けて、特徴を紹介しました。デジタルアーカイブサービスのより詳しい情報を記載した資料が、本ページからもダウンロード可能となっています。ご興味があれば是非ダウンロードをお願いします。

    データマネジメントベーシックガイド

  • ファイルサーバ管理が破たんする理由と解決策

    ファイルサーバ管理が破たんする理由と解決策

    2018.06.29

    デジタルアーカイブ

  • 長期保存はどれだけ可能?百年~数千年残る記録媒体を紹介

    長期保存はどれだけ可能?百年~数千年残る記録媒体を紹介

    2018.06.29

    デジタルアーカイブ

  • ストレージ管理の業務改善はリプレース時がチャンス

    ストレージ管理の業務改善はリプレース時がチャンス

    2018.06.29

    デジタルアーカイブ

  • 業務改善のポイントはファイルサーバの整理

    業務改善のポイントはファイルサーバの整理

    2018.05.30

    デジタルアーカイブ

  • 磁気テープの寿命は30年? データ長期保存で起きる問題とは

    磁気テープの寿命は30年? データ長期保存で起きる問題とは

    2018.04.23

    デジタルアーカイブ

サービスに関するお問い合わせ