業務効率化 | 業務効率化|株式会社ワンビシアーカイブズ

業務効率化

電子契約で紙はなくなる?書面契約との上手な管理 業務効率化

電子契約で紙はなくなる?書面契約との上手な管理

最近よく耳にする「電子契約」。従来書面と捺印で行っていた契約を、電子文書と電子署名で行うものです。電子契約には、コスト削減や内部統制強化など様々なメリットがあり、導入を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でも、「電子契約を導入すればもう書面の契約書はなくなる」と思っている方、ちょっと待ってください! 電子契約を導入すれば本当に紙はなくなるのでしょうか? 本ブログでは、電子契約導入を検討しているあなたに、電子契約に潜む「落とし穴」についてご紹介いたします。

電子契約と印紙の関係 業務効率化

電子契約と印紙の関係

電子契約を導入するメリットの一つとして、印紙税の削減があります。これまで契約書ごとに必要だった印紙税は、電子データによる契約書作成で不要になるということです。しかし、電子契約を検討する企業の中には「本当に印紙税が無くなるの」と不安を持つ方も多いでしょう。そこで今回は、電子契約と印紙の関係について、本当に印紙税削減になるのか、いくつかの根拠とともに紹介していきます。

今さら聞けない「電子帳簿保存法」と契約書管理の基本─経理・契約業務の効率化を推進して働き方改革を実現する方法─(ラクス様共催セミナーレポート) 業務効率化

今さら聞けない「電子帳簿保存法」と契約書管理の基本─経理・契約業務の効率化を推進して働き方改革を実現する方法─(ラクス様共催セミナーレポート)

2018年4月24日(火)、国内累計導入数ナンバー1の交通費・経費精算システム「楽楽精算」の株式会社ラクス様との共催セミナー「今さら聞けない『電子帳簿保存法』と契約書管理の基本─経理・契約業務の効率化を推進して働き方改革を実現する方法─」を開催しました。 今回はセミナーの内容を一部ご紹介し、経費精算や請求書業務、契約書管理の効率化を通じて働き方改革を推進する、ラクス様とワンビシアーカイブズ両社の実際の取組みについてご説明したいと思います。

契約書管理の課題を解決するサービスとは ~契約書管理システム&電子化・保管サービス~ 業務効率化

契約書管理の課題を解決するサービスとは ~契約書管理システム&電子化・保管サービス~

 皆様の会社ではどのようにして日々発生する契約書を管理されているでしょうか。長年お客様の貴重な文書・情報の保管管理をお手伝いしてきた当社では、年間数十件におよぶ、契約書管理に関するご相談をお客様から頂戴します。当社が実施した「企業における契約書管理の実情」に関するアンケートの結果も含めて、そのお悩みを解決する新サービスについてお話ししていきたいと思います。