磁気テープに記録したデータの長期保存、管理運用効率化のソリューション | 株式会社NXワンビシアーカイブズ

磁気テープに記録したデータの長期保存、管理運用効率化のソリューション

2017.10.13  株式会社ワンビシアーカイブズ

 ワンビシ デジタル戦略部です。先日、デジタル戦略部は業務提携を行っている米国企業「Kroll Ontrack」とセミナーを共催いたしました。

当初想定を上回り、より大きい会場への変更が必要になるほど多くのお客様にご参加の申込、ご来場をいただくことができました。残念ながら、満員のためご参加をお断りさせていただいたお客様もいらっしゃいます。

そこで今回のブログでは、セミナーで紹介させていただいた内容のうち、ワンビシとKroll Ontrackが共同で提供するテープマネジメントサービスについて、サービスの要点を抜粋して紹介いたします。

コンセプト 磁気テープの管理を支援してデータ管理効率化

 磁気テープは記録容量が大きく長期保存に優れ、データの保管コストを低く抑えられるという特徴を備えており、大容量アーカイブデータの長期保存に優れている記録メディアです。しかし実際の管理運用においてはメリットだけではなく、テープに対応できるドライブの維持管理やリストア作業の負担、データの見読性を維持するためのコンバートなどの課題に直面するケースも多くあります。

 テープマネジメントサービスは、お客様が直面されているテープ管理運用の課題解決を支援して、お客様の負担軽減とデータ管理効率化に貢献することをコンセプトとしています。

サービスのラインナップ

テープマネジメントサービスは大きく分けて4つのラインナップで提供しています。

テープコンバージョン

磁気テープに記録されたデータを、より長期間保存できるようにするために、数年~十数年が経過して古くなった、旧世代化したテープから、新しい世代のテープにデータを移すコンバートを行うサービスです。

テープリストア

テープに記録されたデータを使用できるようにするために、データのリストアを行いHDD等に記録してお客様にお届けするサービスです。

データリカバリ

大事なデータが記録されている磁気テープに何らかの障害が発生した場合に、データの復旧を行うサービスです。データの論理障害だけでなく、テープの固着など物理障害にも対応することが可能です。

カタログ作成

磁気テープに記録されたデータの整理、見える化を支援するために、データのカタログを作成するサービスです。

保存期間が長いデータをアーカイブサービスで管理する3のメリット 保存期間が長いデータをアーカイブサービスで管理する3のメリット
保存期間が長い建築図面などのデータを適切に管理する方法 保存期間が長い建築図面などのデータを適切に管理する方法

サービス提供の仕組

 テープマネジメントサービスは、Kroll Ontrackと共同で提供するサービスです。Kroll Ontrackの役割は、様々な種類のテープやデータに対応できるテクノロジーと機器の提供および作業の実施です。そしてKroll Ontrackのテクノロジーを活かした各種作業は、ワンビシの安全なデータセンターの中で行うことが可能となっています。

 ワンビシのデータセンターは、都市部から60km以上離れた強固な地盤の上に建設されており、高いレベルの災害対策とセキュリティが備わっています。この安全なデータセンターの中に、生体認証などのより厳重なセキュリティを備えた区画を設けて、区画の中にKroll Ontrackから提供された機器「テープランド」を設置しています。テープランドをKroll Ontrackのエンジニアが遠隔操作することによって、テープコンバージョンやリストア等のサービスを、ワンビシのデータセンターの中で提供することが可能となっています。

 Kroll Ontrackの機器およびテクノロジーを活用することによって、様々な種類の磁気テープ、様々な種類のバックアップソフトで作成されたデータに対応して、コンバージョンやリストアを行うことが可能です。

テープマネジメントサービスのメリット

 お客様が保持されている磁気テープをワンビシのデータセンターに搬入して、コンバージョンやリストアを行って返却することは勿論可能ですが、作業ロケーションをワンビシのデータセンターとすることによって、より効率的な磁気テープの管理運用を提案することが可能となっています。

 ワンビシは元々、情報やデータを安全に保管・保存するサービスを得意としている企業であり、磁気テープやHDDなどのメディア用保管庫も有しています。このメディア保管庫は機密性に優れ、メディア保存に適した温度・湿度の維持機能やガス消火設備を備えています。メディアの搬送はワンビシの正社員ドライバーと集配専用車両で行うため、搬送過程のセキュリティも確保することが可能です。

 このメディア保管サービスとテープマネジメントサービスを組み合わせてご利用いただくことによって、お客様からお預かりしている磁気テープを、ワンビシの外部に出すことなくコンバージョンやリストアなどの作業を実施することが可能となっています。大事なデータが記録されたテープをワンビシの安全なデータセンターで保管することによって、データのセキュリティ向上や災害対策の強化だけでなく、テープ保管リソースの節約にもつなげることができます。そして、テープマネジメントサービスと組み合わせてご利用いただくことによって、データリストアに必要なドライブの維持や、データの長期的な見読性維持に必要なコンバートなどの各種運用管理を、社内で行うことが不要となります。

 メディア保管、データ保管サービスと組み合わせてご利用いただくことによって、お客様のデータ管理をより効率化できるのが、ワンビシとKroll Ontrackが共同で提供するテープマネジメントサービスです。

まとめ

 今回は、ワンビシとKroll Ontrackが共同提供するテープマネジメントサービスについて紹介しました。テープマネジメントサービスは、ワンビシが得意とする安全なデータの管理と、Kroll Ontrackが得意とする様々な種類のテープ、データに対応した作業を組み合わせたサービスであり、お客様のデータの安全な長期保存、データ管理の効率化に役立つものと考えております。

 次回はテープマネジメントサービスとメディア保管、データ保管サービスを組み合わせた利用方法について、より具体的な例を用いて紹介します。

弊社サービスについてご不明な点はございませんか?

RECENT POST「文書管理・記録管理」


RELATED POST関連記事


磁気テープに記録したデータの長期保存、管理運用効率化のソリューション