アーカイブやバックアップのための大容量データ送信 物理搬送のメリット | 株式会社NXワンビシアーカイブズ

アーカイブやバックアップのための大容量データ送信 物理搬送のメリット

2017.10.13  株式会社ワンビシアーカイブズ

 ワンビシ デジタル戦略部です。ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ワンビシは書類が入った段ボール箱やデータが記録されたメディアをお客様にお届けする際、あるいはお客様からお預かりする際に、安全運転の訓練を受けたワンビシの正社員ドライバーが集配専用車両でお伺いしています。

ワンビシ集配専用車両は厳重なセキュリティだけでなく、優れた耐久性や防災など情報資産を守るための機能を備えています。お客様から書類やメディアをお預かりしてから保管、そしてお届けに至るまでの一連の過程を全て承れることが、大事な情報資産をワンビシにお預けいただけている理由となっているお客様も多くいらっしゃいます。

ワンビシの集配は、書類やデータを保管する情報資産管理センターと並んで、ワンビシの事業の柱です。

 集配車両のような物理的搬送手段を備えることは、データ管理においても有効です。そこで今回は、データ管理において物理的搬送手段が活躍するシチュエーションについて紹介します。

大容量データ管理における課題 送受信の時間

 情報処理技術の進歩や企業を取り巻く環境の変化によって、企業が保有するデータ量は急激に増加する傾向にあり、数十、数百ギガバイト、テラバイト単位のデータが当たり前のように用いられるようになっています。

扱われるデータが大容量化する状況の中で、データを高速で伝送するためのツールも市場に普及しています。ちなみにワンビシが提供している大容量データ長期保存サービス「デジタルアーカイブ」においても、オンラインでのデータアップロード/ダウンロードを高速化するために、テレビ局でも採用されている高速伝送ツールを組み込んでいます。

 とはいえ、テラバイト級のデータをオンラインで送受信するには時間がかかります。高速伝送ツールを使っても通信回線が太くなるわけではないので、元々の回線の通信速度等の要因によって影響を受けることがあります。

 データの送信に時間がかかったとしても、それが許容される状況であれば大きな問題にはなりませんが、スピードが必要になるケースもあります。代表例として挙げられるのが、バックアップデータのリストアです。有事におけるバックアップデータのリストアはスピードが重要です。リストア~システム復旧までの時間を短くできれば、それだけ事業や業務の復旧を早く行えるためです。

大災害における回線使用不能の可能性

 災害対策やシステム障害等に備えて企業のバックアップデータを遠隔地で保管することは、BCPの観点からも有効な対策です。ワンビシのデータセンターも、都市部から60km以上離れた立地に建設されており、各種バックアップやデータアーカイブサービスを提供しています。

 既に遠隔地のデータセンターでのバックアップデータ管理を実施されている企業も多くあります。災害やシステム障害などで企業の大事なデータが使えなくなる、消失してしまうような事態が発生した際には、バックアップデータを社内システムに戻すリストアが必要になりますが、どのようなリストア手段を備えられているでしょうか。

 バックアップデータのリストア手段がオンラインに限られているようであれば、リスクがあります。特に災害時には、通信回線や通信設備に障害が起きる可能性があるためです。

データ管理において物理搬送手段を備えることの有用性

 大容量データの取り扱いやバックアップデータの管理において、データの送信方法をオンラインに限定することのリスクは、これまでに述べました。適切なデータ管理のためには他の手段も備えておくことが必要です。そこで挙げられるのが物理搬送手段の確保、データが記録されているメディアやストレージの搬送体制の備えです。

 データが大容量の場合でもデータをメディアに記録して搬送することができれば、所要時間の目途が立てやすく、データ量によってはオンラインで送信するよりも速く完了させることができます。また、通信回線や通信設備が使用不能となったときに、バックアップデータをリストアするための手段として用いることもできます。

メールアーカイブでコンプライアンス強化 メールアーカイブでコンプライアンス強化
データ保管にクラウドではないアーカイブサービスを選ぶメリット データ保管にクラウドではないアーカイブサービスを選ぶメリット

ワンビシのデータマネジメントサービスはメディア搬送とセット

 ワンビシはデータマネジメントサービスのカテゴリーの中で、オンラインバックアップサービスや、オンラインでデータのアップロード/ダウンロードができるデジタルアーカイブサービスを提供しています。サービス基盤であるデータセンターは、高いレベルの災害対策とセキュリティを備えた設備となっているだけでなく、都心から60km以上離れた立地にあり、首都直下型地震による同時被災を避けられるようになっています。

 そしてワンビシの集配車両を、書類が入った段ボール箱やテープが入ったロッカーの搬送用として認識されている方もいらっしゃると存じますが、ワンビシの集配サービスは、オンラインバックアップサービスやデジタルアーカイブサービスとも組み合わせることができます。送信やリストア対象のデータが大容量の場合や、通信回線が使えないときのリストアにおける有効なオプションとしてご利用いただくことができます。

まとめ

 今回はデータ管理における物理搬送手段確保の有効性について紹介しました。大容量データの管理やバックアップデータの管理においては、オンラインでの通信以外に、メディアを搬送する手段を備えておくことは、データ管理の効率化やBCPの強化につながります。

 ワンビシの集配車両はセキュリティ、災害対策を備えており、お客様の大事なデータを安全に搬送することが可能です。そして、ワンビシのデータマネジメントサービスは集配サービスとセットになっているため、大容量データやバックアップデータの管理も安心してお任せいただくことができます。

※弊社集配地域外(弊社集配地域は別途お問い合わせください)は提携会社による配送になります

弊社サービスについてご不明な点はございませんか?

RECENT POST「事業継続・災害対策」


RELATED POST関連記事


アーカイブやバックアップのための大容量データ送信 物理搬送のメリット