ストレージ管理の業務改善はリプレース時がチャンス | 株式会社NXワンビシアーカイブズ

ストレージ管理の業務改善はリプレース時がチャンス

2018.06.29  株式会社ワンビシアーカイブズ

 ファイルサーバの容量逼迫、山積みになって保管庫からあふれ出しそうになっている磁気テープやHDDなどのメディア、際限なく増設されるNAS、データ量の増加によって延びるバックアップ所要時間。今の時代、企業・団体のシステム管理担当者にとって、ストレージの管理は大きな負担を伴う業務になっています。

 システムは簡単に止められないので、抜本的な効率化の対策を実施するのも大変です。しかし大規模リプレースのタイミングであれば話は別です。リプレース対象のストレージ・機器だけでなく周辺のインフラや仕組みなどの見直しにも手を付けやすくなるはずなので、抜本的な業務効率化のチャンスといえるでしょう。

 そこで今回は、ストレージリプレースのタイミングで実施すべき、ストレージ管理業務効率化の施策を紹介します。

ファイルサーバ整理の仕組みを導入

 様々な業務のIT化やデータ保存期間の長期化などを背景として、多くの企業でファイルサーバの容量逼迫が発生していると考えられます。ファイルを消すよう各ユーザに要請しても、根本的な解決に至るほど削除されることは、ほぼないでしょう。大量のファイルを人任せで削除してしまえば、必要なファイルまで消してしまうかもしれません。

 ファイルサーバリプレースを行うことがあれば、古くなったファイルや使用されなくなったファイルは、思い切ってファイルサーバからアーカイブ用ストレージに移してしまいましょう。ファイルサーバの容量節約だけでなくコスト削減にもつながります。むしろ手を打たなければ、容量不足と応急処置の繰り返しによる無駄なコストの垂れ流し、非生産的な作業の増加など、企業の未来に負の遺産を残すことになりかねません。

 対象となるのは、作成されてから一定期間が経過したファイル、最後に使用されてから一定期間が経過したファイルなどが挙げられます。アーカイブ用ストレージに移すファイルの選別には、ファイルサーバ管理ツールの利用が効果的です。作成してからの経過期間などの条件でファイルを自動抽出する機能を用いれば、ファイルの選別を効率的に行えるようになります。ファイルサーバとファイルサーバ管理ツール、アーカイブ用ストレージが連携する仕組みを構築できれば、ファイルサーバで管理するファイルとアーカイブ用ストレージで管理するファイルのバランスが、自動的に維持されるようにすることも可能です。

古いメディアをコンバート

 10年以上前にドライブが型落ちして読み取る方法がなくなってしまった磁気テープ、いつ何のデータが記録されたのかもわからないがコンプライアンスの理由で棄てられないメディア、この記事をご覧になっている方が所属されている企業の保管庫にも多くあるのではないでしょうか。保管スペースの節約、有効活用のために、このようなメディアはリプレースの機会にコンバートしてしまいましょう。

 社内の設備では読めなくなってしまったメディアでも、様々なドライブやテクノロジーを活用して対応できるサービスがあります。この類のサービスを利用して新しくて大容量のメディアにデータをまとめれば、保管スペースが削減できるだけでなくデータを活用できるようにもなります。また、データとストレージの管理運用全体をまとめて外部委託できるタイプのアーカイブサービスを利用すれば、それまで発生していたストレージ管理業務を大きく効率化する、あるいはなくすことも可能です。

ファイルサーバーの効率的な管理とデジタルアーカイブ ファイルサーバーの効率的な管理とデジタルアーカイブ
ストレージの管理運用業務をラクにする方法 ストレージの管理運用業務をラクにする方法

バックアップ運用を自動化

 バックアップ管理運用業務もドライブへのメディア出し入れ作業などが伴う場合、特に日次だと大きな負担になります。リプレースの機会があれば、オンラインで自動的にバックアップデータが取得できるバックアップストレージを導入するのも1つの手です。

 オンラインのバックアップストレージを用いることでバックアップ取得を自動化できるだけでなく、災害対策を目的とした遠隔地データセンターへのレプリケーションも容易になります。システム障害などの局地的な事態に対しては、オンサイトのバックアップストレージから迅速に復旧し、広域災害で被災することがあれば遠隔地データセンターから復旧させるような、実効性の高い事業継続・災害復旧体制が構築できるでしょう。

まとめ

 今回はストレージ管理の業務改善をテーマに、システムや機器のリプレース時にできる対策を紹介いたしました。ファイルサーバや保管メディア、バックアップ業務などリプレース時が見直しのチャンスとなるポイントはいくつもあります。この記事がこれから業務改善に取り組まれる方のご参考になれば幸いです。

参考記事:業務改善とは?~進め方と情報管理との関係性~

 そしてワンビシアーカイブズは、ファイルサーバの整理やアーカイブストレージの提供、メディアコンバート、オンラインバックアップ環境の提供など、様々な形でお客様の業務効率化を支援することができます。ご興味があれば、どのようなことでもぜひお問い合わせください。

弊社サービスについてご不明な点はございませんか?

RECENT POST「文書管理・記録管理」


RELATED POST関連記事


ストレージ管理の業務改善はリプレース時がチャンス