外資系投資顧問B社 | 導入事例 | 株式会社ワンビシアーカイブズ

外資系投資顧問B社

要約
  • 親会社の規定により営業上の重要データは毎日外部にバックアップデータを保管する必要があった
  • 時間と手間のかからないデータバックアップ方法を探し、ワンビシのオンラインによるバックデータアップサービスを採用
  • 適切なデータバックアップ業務の確立とディザスタリカバリプランの策定推進が可能に
alt画像

導入背景

B社は、外資系銀行傘下にある投資顧問会社。同社が顧客に提出する各種レポートは、同社業務の最も重要な成果物である。

同社の親会社の規定により営業上の重要データは毎日外部にバックアップデータを保管する必要があった。同社ではIT担当マネジャーがほぼ1名でシステム管理を行っており、実作業などはベンダーのサポートを適宜利用している状況。

バックアップメディアの交換と外部保管をアウトソースするには、オペレーションコストが高くつくため、時間と手間のかからないデータバックアップ方法を探していた。

画像alt

成果

万一のレポートデータの損失に備え、B社はワンビシのオンラインによるバックデータアップサービスを採用。
レポートを保存しているファイルサーバに「WANストレージライト」のエージェントツールをインストールし、インターネット回線利用して、遠隔地のワンビシセンターにバックアップデータを保存している。

適切なデータバックアップ業務の確立
規定どおり、社内と外部(ワンビシ)のストレージに2重のデータバックアップを取得する業務を確立。

ディザスタリカバリプランの策定推進
ワンビシのサービスが地震等の広域災害対応を前提としているため、実効的なディザスタリカバリプランの策定も進んだ。災害時には本国でのリカバリが可能であり、国内ではワンビシのバックアップオフィスも利用可能。

サービスの選定ポイント

サービスの選定ポイント

  • 毎日のオペレーションが全て自動化
  • 重複除外技術により短時間でバックアップ処理が完了
  • 認証・データの暗号化等のセキュアな通信ができ、リカバリーサイトを海外(本国)に指定も可能
  • 災害時などに通信が利用できない場合、HDDでバックアップデータを配送するオプションを選択可

企業概要

投資顧問業

本社所在地:東京都
従業員数:10名以下
事業内容:投資顧問

お見積り・資料請求、お問い合わせ