導入事例:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 様

多量多品目の帳票・販促資材の在庫管理・発送の一元化


同社は、あいおい損害保険株式会社とニッセイ同和損害保険株式会社が、2010年10月に合併して誕生した、日本を代表する損害保険会社である。

同社では、拠点・代理店で使用する多量多品種の帳票・販促資材のハンドリングをワンビシに委託。これにより、保険パンフレット・申込書類の在庫管理・保管から、拠点・代理店への発送、不要になった帳票類の抹消・廃棄までを一元的に実施できるようになった。

背景

同社の前身であるあいおい損害保険株式会社では、下記の課題により、 帳票類の保管・発送業務の外部委託を検討していた。

代理店直送ニーズへの対応
帳票類の保管・発送は同社の事務センターで実施していたが、同社拠点(以下課支社)宛にのみに対応し、代理店には課支社から送付していた。課支社での在庫削減と負担軽減のため、代理店直送対応が望まれていた。

スペース不足の解消
代理店直送を行うためには、自社スペースでは手狭となり、早急なスペース対策が求められた。

業務量変動によるリソースの過不足調整
商品改訂等の通常業務での変動に加え、保険法改正等による帳票類の一斉切り替えなど、一時的に大量に発生する業務量にも即応できる体制の構築が求められた。

成果

代理店からの直接請求と直送の実現とサービスレベルアップ
現在、約2,800種類の帳票・販促資材を管理しており、全国約5万の課支社・代理店から依頼を受付、発送している。 さらに、従来は週2回のみの発送対応だったものが、毎日の発送となり、サービスレベルが向上した。

無駄な在庫の減少
代理店からの直接請求と直送を行うことで、従来の課支社での在庫が減少している。 また、印刷必要部数の予測がつくようになり、無駄な印刷コストの削減にも貢献している。

合併や法改正に伴う作業量の増加にもスムーズに対応
合併や法改正等により、帳票・販促資材の一斉切り替えが必要になった際は、通常時の6倍~10倍程度の作業量が発生する。 ワンビシではいずれも自社のリソースで対応。スムーズに切り替えを完了させた。

サービスイメージ
サービスイメージ

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 様

会社名:あいおいニッセイ同和損害保険株式会社様
URL:http://www.aioinissaydowa.co.jp/
本社所在地:東京都渋谷区
従業員数:13,000名以上
事業内容:損害保険

お見積り・資料請求、お問い合わせ