情報資産管理サービス

歴史資料の永年保存

高いセキュリティレベルの情報管理センターで、最適な環境のもと、歴史資料の永年保存・管理を実現します。

歴史資料の永年保存サービスについて

現在・未来の人々への説明責任を果たすために、官公庁・民間企業を問わず、組織の歴史編さん・文化継承の原資料などの、いわゆる歴史資料について、劣化抑制措置を行った上での適正な管理・保存が求められています。これをサポートするのが、ワンビシアーカイブズの歴史資料の永年保存サービスです。高いセキュリティレベルを誇る情報管理センターで、文書に最適な環境のもと、歴史資料の永年保存・管理をします。

  • 2011年4月施行の公文書管理法への対応を、スピーディに推進できます。
  • 地震や風水害などの自然災害や、市町村合併時の支所閉鎖に伴う一斉廃棄、劣悪な環境による経年劣化などにより、歴史資料を失ってしまうリスクを回避できます。
  • 内部の人的リソース(専門職)や社内スペースの不足を補う、コストパフォーマンスに優れた保存・管理の仕組みを構築できます。

特長

歴史資料劣化抑制のための保存環境、運用

保存環境

  • 長期保存専用文書箱(中性紙)を提供可能
  • 定温定湿(20℃±3℃、50%±10%)
  • 耐震、耐火構造
  • ガス消火設備を設置
  • 防塵対策の実施

保存環境
長期保存専用文書箱(中性紙)

運用

  • 入庫前殺虫処理(CO2殺虫バッグ)
  • 標準作業手順書に則ったオペレーション

運用
CO2殺虫バッグ

関連サービス

歴史資料の永年保存サービスに関するお問い合わせ

歴史資料の永年保存サービスについてご不明な点やご要望などお気軽にご連絡ください。