重複除外技術を用いたオンラインデータバックアップサービス 「WANストレージライト」提供開始 | 株式会社ワンビシアーカイブズ

重複除外技術を用いたオンラインデータバックアップサービス 「WANストレージライト」提供開始

2010.02.25  株式会社ワンビシアーカイブズ

当社では、企業システムの日々の業務データを、オンラインで遠隔地のストレージ装置へ自動的に伝送させる「WANストレージライト」サービスの提供を、3月1日より開始いたします。EMCジャパン株式会社様の製品である「Avamar」の"重複除外(※)"技術を用いることにより、データバックアップ運用の効率化を実現します。
※バックアップデータの転送・保存において、冗長データを除外することで効率性を高める技術

【サービス内容】

名称:「WANストレージライト」

ITの発展・浸透により、企業が抱えるデータ量は日々増加し続けています。一方で、近年、自然災害対策や内部統制上の観点から、事業継続体制の確立が企業の重要な経営課題となっており、業務データのバックアップは、いまや企業にとって欠かせない施策のひとつです。
「WANストレージライト」では、日々発生する企業システムデータを、オンラインで遠隔地のストレージにバックアップします。伝送に必要な通信回線や専用ストレージ装置等がパッケージ化されているため、容易に伝送バックアップシステムを導入できます。

本サービスの特徴は、下記の通りです。

  • "重複除外"技術の採用により、バックアップ時間を大幅短縮
    最初にフルデータを取得した後、2日目からは更新されたブロックのみを転送。毎日のバックアップ時間が大幅に短縮されます。
  • フルバックアップの状態で30日間保存可能
    当社ストレージ上では、常にフルバックアップの状態で保管しています。
  • リストアは、オンラインと媒体(HDD)搬送が選択可能
    ・リストア(※1)はファイル単位、フォルダ単位で可能です。
    ・オンライン上でのリストアのほかに、当社集配車両によるHDDの搬送も可能(オプション)
  • レプリケーション(※2)により、確実にデータを保全
    毎日、当社関西センター(滋賀県)に設置しているストレージへのレプリケーションを実行します。関東一円が広域災害で被災しても、データは保護されます。
  • テープ保管サービスとの連携
    お客様の業務の重要度、RTO(※3)、RPO(※4)の応じて、テープ保管・集配サービスを併用いたします。

※1リストア:バックアップデータを用いて、データを元の状態に戻すこと
※2レプリケーション:ネットワークを通じて遠隔にあるディスク間でデータの同期をとること
※3 RTO(Recovery Time Objective):目標復旧時間
※4 RPO(Recovery Point Objective):目標復旧地点

サービスの詳細はこちら

【サービス提供開始日】
2010年3月1日(月)

【料金】
初期費用:無料

バックアップ対象データ容量 月額料金
~50GB

38,000円

51GB~100GB

70,000円

101GB~300GB

190,000円

300GBを超過した分(100GBあたり)

60,000円

【サービス提供エリア】
日本全国でサービス提供が可能です。

【目標契約社数】
3年間で400社

◇EMCジャパン様について(同社による紹介文)
EMCジャパンは、あらゆる規模のお客様が、競争優位に立ち、情報からさらなる価値を創出することを可能にするために、情報インフラストラクチャ・テクノロジーとソリューションを開発、提供する世界のリーディング・カンパニーであるEMCコーポレーションの日本法人です。EMCの製品やサービスに関する情報については、以下のWebサイトをご参照ください。
http://japan.emc.com/

●本サービスについてのお問い合わせ先
株式会社ワンビシアーカイブズ
BS事業企画部(担当:長田(オサダ)・高舘(タカダテ))
TEL:03-5425-5040

●本リリースについてのお問い合わせ先
株式会社ワンビシアーカイブズ
経営企画部(担当:百瀬)
TEL:03-5425-5400