eドキュメントJAPAN2010ご来場の御礼 | 株式会社NXワンビシアーカイブズ

eドキュメントJAPAN2010ご来場の御礼

2010.10.21  株式会社NXワンビシアーカイブズ

100914.gif

この度は、「eドキュメントJAPAN2010」へ我々の予想を上回る多くのお客様にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。時間帯によっては当社社員がお迎えできない場合があり、ご不便をお掛けいたしましたことを、心よりお詫び申し上げます。今後も皆様からの熱い期待に沿うべく、当社のサービス水準向上に努力してまいりますので、よろしくお願いいたします。経営管理本部長 野村貴彦

「eドキュメントJAPAN2010」概要

●名称:eドキュメントJAPAN2010
●会期:2010年10月18日(月)~20日(水)3日間
●開場時間:10:00~17:30
●会場:東京ビッグサイト東展示棟
●主催:日本画像情報マネジメント協会(JIIMA)
●同時開催:Security Solution & ERM2010 / IT Pro EXPO
●公式サイト:http://expo.nikkeibp.co.jp/e-doc/2010/

当社出展位置

【東5ホール ブースNo.9-5】
100914_2.gif

ミニセミナーのご案内

当社ブースにおきまして、各回15分程度のミニセミナーを行いました。詳細内容については、下段をご覧ください。

10月18日(月)

10月19日(火)

10月20日(水)

10:30~ ④文書ファイル消失対策の決定版 ⑥アーカイブ資料の活用を推進する電子化とは? ⑤紙文書と電子データの効果的な活用事例
11:30~ ⑥アーカイブ資料の活用を推進する電子化とは? ①機密を守りながら、効率よい情報活用を ③データの長期保存をどう実現するか?
13:30~ ②ERPデータアーカイブの重要性と効率化 ③データの長期保存をどう実現するか? ②ERPデータアーカイブの重要性と効率化
14:30~ ①機密を守りながら、効率よい情報活用を ②ERPデータアーカイブの重要性と効率化 ①機密を守りながら、効率よい情報活用を
15:30~ ③データの長期保存をどう実現するか? ⑤紙文書と電子データの効果的な活用事例 ④文書ファイル消失対策の決定版
16:30~ ⑤紙文書と電子データの効果的な活用事例 ④文書ファイル消失対策の決定版 ⑥アーカイブ資料の活用を推進する電子化とは?

■ミニセミナー内容

◆ミニセミナー① 機密を守りながら、効率よい情報活用を
 ○担当:株式会社ワンビシアーカイブズ BS・デジタル事業部 伊東正浩
情報漏えいリスクの高い紙文書と、管理不能に陥りやすい電子データ。これらを高いセキュリティ水準のもと、安全かつ効率よく共有・活用するソリューションをご提案します。

◆ミニセミナー② ERPデータアーカイブの重要性と効率化
 ○担当:富士通株式会社ERP事業本部 担当課長 首藤政雄様/
    株式会社ワンビシアーカイブズ BS・デジタル事業部浅川慶洋
各種法令・規制により情報の長期保管の必要性が高まっており、日々増加していくデータは、消したくても消すことができません。システムの圧迫と設備増強を抑える為の解決方法を、弊社ソリューションと合わせてご紹介します。
※対象システム:SAP® ERP
※SAP及びSAP ERP、その他のSAP製品は、ドイツ及びその他の国におけるSAP AGの商標または登録商標です。

◆ミニセミナー③ データの長期保存をどう実現するか?
         -長期保存媒体に求められる要件とは-

 ○担当:太陽誘電株式会社 記録メディア事業部 技術部 次長 砂川隆一様/
    株式会社ワンビシアーカイブズ BS・デジタル事業部 浅川慶洋
保存した大切なデータを読み取ろうとしたらできなかった ―そのような事態を避けるにはどうすればよいでしょうか。光メディアでのデータ長期保存方法の要点と活用メリットを解説します。

◆ミニセミナー④ 文書ファイル消失対策の決定版
 ○担当:株式会社ワンビシアーカイブズ BS・デジタル事業部 高舘雅人
文書ファイルを誤って消去してしまったり、故障で読み出しできなくなってしまった場合でも、慌てず復旧。システムリストアはもちろん、ファイル単位でダウンロードが出来る、簡単バックアップサービスをご紹介します。

◆ミニセミナー⑤ 紙文書と電子データの効果的な活用事例
 ○担当:株式会社ワンビシアーカイブズ RM・BPO営業部 三谷麻衣子
紙文書は、単に電子化すれば良いというものではない! 紙文書と電子データを併用して効果的に活用している事例をご紹介します。

◆ミニセミナー⑥ アーカイブ資料の活用を推進する電子化とは?
 ○担当:株式会社ワンビシアーカイブズ RM・BPO営業部 池田竜隆
競争力向上や公文書管理法への対応のため、企業や団体にますますアーカイブ資料の適切な保存と活用が求められることに!アーカイブ資料の安全性を確保し、有効活用できる仕組みをご提案します。


eドキュメントJAPAN2010出展に関するお問い合わせ
株式会社ワンビシアーカイブズ
経営企画部
担当:百瀬03-5425-5400