「eドキュメントJAPAN2011」弊社出展のご案内 | 株式会社ワンビシアーカイブズ

「eドキュメントJAPAN2011」弊社出展のご案内

2011.09.08  株式会社ワンビシアーカイブズ

会期中は、たくさんの方に弊社ブースにお立寄りいただきました。
誠にありがとうございました。

--

このたび弊社は、10月12日(水)~14日(金)に東京ビッグサイトで開催される「eドキュメントJAPAN2011」へ出展いたします。

今回は「事業継続は情報資産管理で決まる!」をテーマとし、事業継続体制の構築をサポートする情報資産管理サービスを、最新事例を交えてご紹介いたします。

ご多忙とは存じますが、この機会をお見逃しなく、ぜひご来場下さいますよう、ご案内申し上げます。

■eドキュメントJAPAN2011弊社展示概要

■出展サービス

  • メディア保管・集配送とオンラインバックアップ
  • 災害発生時における弊社サービス紹介事例
  • アナログ・デジタル文書の統合管理ソリューションなど

■ブース内ミニセミナー

ブース内で15分程度のミニセミナーを行います。
事前登録不要、聴講は無料です。ぜひお立ち寄りください。

●ミニセミナー概要

(1)「地震に備えた情報資産管理のあり方」

地震発生時にも事業を継続させるために。
東日本大震災後の調査をもとに、これからの情報資産管理のあり方をご提案します。

(2)「東日本大震災における当社の対応および事業継続サービス」

大震災発生時に当社に求められた対応とは。
そこから見える、有効なBCP策定のためのヒントをご紹介します。

(3)「災害対策としての電子化の有効性」

文書を電子化しておくことが、いざという時、役に立つ!
災害対策のための電子化と、その進め方についてお話します。

●ミニセミナースケジュール

10/12(木)

10/13(木)

10/14(金)

11:30~

(1)地震に備えた
情報資産管理のあり方
(2)東日本大震災における
当社の対応および事業継続
サービス
(3)災害対策としての
電子化の有効性
14:30~ (2)東日本大震災における
当社の対応および事業継続
サービス
(3)災害対策としての
電子化の有効性
(1)地震に備えた
情報資産管理のあり方
15:30~ (3)災害対策としての
電子化の有効性
(1)地震に備えた
情報資産管理のあり方
(2)東日本大震災における
当社の対応および事業継続
サービス

■eドキュメントフォーラム講演「東日本大震災から学ぶ、これからの情報資産管理」

超広域災害の発生時、事業継続のために何が必要になるのか。

当社独自調査をもとに、これからの情報資産管理がどうあるべきかをお話します。

聴講無料、要事前登録です。展示会公式サイトフォーラムページよりお申込みください。

  • 日時:2011年10月14日(金)14:40~15:30
  • 場所:会議棟 801会議室(定員50名)
  • 講師:株式会社ワンビシアーカイブズ 震災調査チーム リーダー 立山博

■eドキュメントJAPAN2011概要

  • 名称  :eドキュメントJAPAN2011
  • 会期  :2011年10月12日(水)~14日(金)3日間
  • 会場時間:10:00~17:30
  • 会場  :東京ビッグサイト 東ホール・会議棟
  • 主催  :日本画像情報マネジメント協会(JIIMA)
  • 同時開催:IT pro EXPO 2011
         スマートフォン&タブレット2011秋
  • 弊社ブース位置:東5ホール【小間番号:10-11】

          ブース.bmp

※「eドキュメントJAPAN 2011」への入場の際、招待券または事前登録が必要です。
展示会公式ホームページよりお申込みください。


eドキュメントJAPAN2011出展に関するお問い合わせ
株式会社ワンビシアーカイブズ
事業企画部 担当:山崎、木村
TEL:03-4525-5040