ホテル・ヘリテイジと提携、データセンター利用者に災害時の長期滞在支援開始 | 株式会社ワンビシアーカイブズ

ホテル・ヘリテイジと提携、データセンター利用者に災害時の長期滞在支援開始

2012.10.16  株式会社ワンビシアーカイブズ

当社は、四季の湯温泉ホテル・ヘリテイジを運営する株式会社ヘリテイジ(本社:埼玉県熊谷市、取締役社長:杉田憲康、以下ホテル・ヘリテイジ)とこのたび提携し、11月1日より、ワンビシデータセンター利用者に対して、災害時の長期滞在支援を開始いたします。災害時のシステム復旧作業・事業継続に伴う長期滞在に際し、データセンター近隣に位置するホテル・ヘリテイジの宿泊施設、食事、移動手段などを優先的にご利用いただけます。ホテル・ヘリテイジは、防災ホテルとしての備えを有しており、災害時の救助復興支援などの取り組みを進めています。

【背景】

企業・団体ではBCP(事業継続計画)の中で、事業拠点が被災した場合の対策に、システムのデータセンター設置やバックアップオフィス(代替事業拠点)の確保を進めていますが、東日本大震災以降、移動手段や宿泊・食事など、実際にその場所で人員が働くために必要な環境まで用意しておかないと機能しないという、より実践的な課題が見えてきています。
ワンビシは1985年より、バックアップデータの安全保管に加え、バックアップシステムを設置するためのデータセンターや、事業継続のためのバックアップオフィスを提供することで、お客様の災害復旧環境の構築を支援しております。このたび、災害時に集まる人員の移動手段や滞在環境を懸念されるお客様のニーズに応え、業界初となるホテルとの提携に至りました。
ホテル・ヘリテイジは、都心から90分という好アクセスの緑豊かなリゾートホテルで、温泉・プールに加え研修会議室も充実し、多くの企業にご利用いただいています。バス、ヘリコプターなど公共機関に頼らない移動手段を保有しているほか、水や電気、燃料の確保など災害時の受け入れ体制に力を入れております。今回、近隣のワンビシと提携することで、企業・団体の復旧支援を通じ、社会の復興に役立てるものと期待しています

【サービス内容】

  1. 優先宿泊
    データセンター利用者が災害時に長期滞在するための環境を確保します。
    (1)宿泊 (2)食事 (3)移動手段(バス、ヘリコプター)
  2. バックアップオフィスの優先貸し出し
    ホテル内の研修会議室を、一般的な事務所機能を備えた
    バックアップオフィスとしてご利用いただけます。
  3. 訓練時の宿泊を特別価格で提供
    訓練時には、通常料金よりも安価でホテルをご利用いただけます。

詳細は下記ページをご覧ください。
災害復旧環境の構築(ディザスタリカバリ)

四季の湯温泉ホテル・ヘリテイジ(新しいウィンドウが開きます)

●本リリースについてのお問い合わせ先
株式会社ワンビシアーカイブズ
経営企画部 (浅川・百瀬)
TEL:03-5425-5400