北九州市に新センター開設のお知らせ | 株式会社ワンビシアーカイブズ

北九州市に新センター開設のお知らせ

2015.11.12  株式会社ワンビシアーカイブズ

2015年11月19日、福岡県北九州市内に、新しく情報管理センターを開設することをお知らせいたします。

■施設概要

〇名 称:九州センター1号棟
〇開設日:2015年11月19日(木)
〇所在地:福岡県北九州市
〇延床面積:2,645平方メートル
〇建物外観

kyushu.jpg

当社は、BCP(事業継続計画)を実施する上で最適な低災害リスクエリアである北九州市と協力し、九州地方のお客様の情報資産を災害・盗難・紛失などのリスクから守るだけでなく、全国の分散保管拠点として、首都圏等のお客様の広域災害対策ニーズにお応えいたします。

■災害に強い立地
東日本大震災の発生以降、BCP(事業継続計画)への意識がさらに高まっており、情報資産の安全で確実な管理は、企業の根幹を支えるインフラとして重要な役割を担うようになっています。
お客様の大切な情報資産を管理する拠点として、当社は、自然災害に強い強固な地盤など、厳しい条件を満たした立地である北九州市を選択しました。
北九州市は、地震・津波等の自然災害が少ないという優位性を活かして、国の地方創生特区指定を狙い、「北九州市スマートシティ創造特区」の構築を提案しています。データセンターや当社のようなアウトソーシング事業者とともに、BCP関連のインフラを充実させ、全国の企業に対して誘致を行っています。

■大規模データにも対応した外部保管ソリューション
新センターは、お客様に安心いただける業界最高水準のセキュリティ基準を満たしています。また、デジタルデータの安全・確実な長期保管を実現する施設として、九州地区内初となる、記録メディア専用保管庫を併設しました。
現在、金融・製造・建設・通信/メディア・医療等の各産業分野において、飛躍的に増え続けているデジタルデータを、安全、経済的、かつ長期に保管したいというニーズが増えています。当社は、こうしたデータの最適な保存方法として、記録メディアによるデータの外部保管ソリューションを提供してまいります。
特に、磁気テープは近年技術革新により大容量化が進み、ハードディスクと比べて長期保存性、低コスト、低消費電力等の点で非常に優れていることから、直近のデータのバックアップ用途だけでなく、7年・10年・15年など長期間にわたって保持することが求められる原本データの保存用途にもお勧めしています。

●本件についてのお問い合わせ先
株式会社ワンビシアーカイブズ
経営企画部(担当:百瀬)
TEL:03-5425-5400