データの機密抹消分野でリーテックと業務提携を開始

2018.07.25  株式会社ワンビシアーカイブズ

このたび、株式会社ワンビシアーカイブズ(以降ワンビシ)は、リーテック株式会社(以降リーテック)と、企業・団体が保有する記録メディアや機器のデータを機密情報漏洩防止の目的で確実に論理消去するサービスを提供するために、2018年6月1日から業務提携を開始いたしました。

情報管理に高度なコンプライアンスが求められる今の時代、保有している機密情報が不要になった際には、適正な手順と環境の下で確実に消去・抹消することが必要です。従来はメディアの破砕や、強力な磁気を当ててメディアを使用不能にする処理方法が多く用いられてきました。しかし、近年ではより確実なデータ消去が求められるとともに、データを消去したメディアを再利用するケースが増えていることから、ソフトウェアを用いた論理データ消去のニーズが高まっています。

ワンビシは情報資産管理のリーディングカンパニーとして、情報の発生から抹消に至る情報ライフサイクル全体を網羅するサービスを提供し、約4,000社の企業・団体のお客様の情報資産管理を支援しています。一方、リーテックはリバースサプライチェーンマネジメント(※)を実施し、メーカー企業等へのIT資産価値向上のためのトータルソリューションを提供するサービスプロバイダであり、IT/モバイル機器のデータ消去を得意としています。

両社の提携により、機密情報を含むデジタルデータの確実な抹消処理を必要とされているお客様に、作業証明書の発行を伴う論理データ消去サービスを提供いたします。なお、メディア破砕や消磁処理のサービスにも、今後提携範囲を拡大する予定です。

(※)リバースサプライチェーンマネジメント

電子機器分野の高度な専門技術により、サプライチェーンの製品ライフサイクルを最適化。最も付加価値の高いレベルで市場に再出荷することにより、お客様に利益を還元します。

●リーテック株式会社について

リーテックはLi Tong Group(https://www.litong.com/enUS/)の日本現地法人であり、世界20ヶ国以上において、メーカー企業等へのIT資産価値向上のためのトータルソリューションを提供するサービスプロバイダです。詳細はWebサイト(http://reteck.co.jp/)をご覧ください。

●本リリースについてのお問い合わせ先

株式会社ワンビシアーカイブズ
営業本部 デジタル戦略部 神島
digital-archive@wanbishi.co.jp