情報資産管理サービス

RECOLO(レコロ)

日常的に発生する不要となった機密書類を安全、確実に機密抹消します。
RECOLO(レコロ)とは

RECOLO(レコロ)とは

事務所や店舗等で日常的に発生する機密書類の抹消にオススメなのが機密書類回収ロッカー「RECOLO」。お客様はオフィスに設置された「RECOLO」に、抹消したい書類を投入するだけ。「RECOLO」から回収した箱ごと溶解処理するので、人の目に触れず安心です。機密抹消処理後の書類もリサイクルして紙資源として活用するので、環境にも貢献。万全のセキュリティとトレーサビリティにより、情報漏えいリスクの徹底排除を実現します。

  • 日常的に発生する機密書類を安全・確実に機密抹消できるため、機密情報の漏えい防止を実現することができます。
  • シュレッダーに比べ、運用面・コスト面のリスク、負担を大きく低減できます。
  • 機密抹消処理後の書類もリサイクルして紙資源として活用します。

日常発生する機密書類の処理に困っているお客様に最適です

  • 労働時間の削減の一手としての作業時間短縮が求められている。
  • シュレッダー処理に時間や片付けの手間がかかっている。
  • 紙資源のリサイクル等による環境貢献への取り組みと活動成果の定期報告が求められている。
  • 機密書類の処理ルールは統一されていないため、きちんと処理されているか心配。

高いセキュリティのもと、お客様の手間をかけずに安全・確実に機密書類を回収、機密抹消するワンビシアーカイブズがお客様の悩みを解決します。

作業時間の短縮を実現

お客様はオフィスに設置された「RECOLO」に、機密抹消したい書類を投入するだけです。教育・研修を受けたスタッフが回収を行い、専任スタッフ立会いのもと無開梱溶解処理を行うため、お客様での処理の手間が省け、作業時間や見えにくい人件費が削減できます。

厳重なセキュリティで
機密保持を実現

RECOLO投入後は誰の目にも触れません。

  • RECOLOから回収した抹消BOXはあけずにそのまま無開梱溶解処理。
  • 専任スタッフが処理に立会い、安全・確実に処理します。

RECOLO本体も万全ガード

  • 鍵はセキュリティの高い鍵を採用。

トレーサビリティの確保

  • お客様のオフィスでの回収から最終処理までの履歴管理する機能も構築。

「RECOLO」紹介

RECOLO Ⅱ
本体
  • 覗き込み防止、取出し防止フラップ付き
  • 専用の抹消BOXを本体内に格納して使用
  • 本体サイズ:W490×D370×H1,100(mm)
投入口
約W390×H12(mm)
RECOLO Ⅱ
抹消BOX
収容量:約15kg
封印:個別No.が記載された封印シールを貼付(個別No.で抹消までの履歴を管理)

シュレッダーとの比較(運用面)

忙しい時ほど不要な書類が発生するが、シュレッダーが後回しになる
ホチキスやクリップ外しに手間がかかる
投入口へ書類を入れるだけで処理に時間がかからず、書類の滞留がない(ホチキスやクリップ外し不要)
情報漏えいリスクの回避
袋の交換、周囲の清掃、ゴミ出しに手間がかかる
ごみが出ないため、袋の交換・清掃・ゴミ出し不要
管理コストゼロ
故障した場合、処理ができない
メンテナンス不要
メンテナンスコストゼロ
電気代、電源の確保が必要
電源がいらず、置き場所を選ばない
電気代ゼロ
裁断音がうるさい
音がなく、静か
ビジネスに集中できる
処理後の破砕屑は焼却してしまっている
溶解処理してリサイクル
環境貢献を実現
記録が残らない
機密抹消の証明書を発行
プロセス管理が可能

シュレッダーとの比較(運用面)

※本文中に記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。

関連サービス

RECOLOに関するお問い合わせ

RECOLOについてご不明な点やご要望などお気軽にご連絡ください。