業務改善の基本とは? | 株式会社NXワンビシアーカイブズ

業務改善の基本とは?

2018.07.31  株式会社ワンビシアーカイブズ

皆さんの職場では「業務改善」に取り組まれたことはあるでしょうか?業種や職種を問わず、常に「改善」を意識されている方は多いと思いますが、一方で意識はあるものの、何から始めていいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。

現在のように、長時間労働の抑制や人材不足という社会的背景の中で、より業務を効率化し、改善しなければいけないという動機はますます高まってゆくでしょう。そこで今回は、業務改善に取り組むための基本的なアプローチをご紹介します。

業務改善とは何か?、詳細はこちらでぜひご覧ください。

まずは落ち着いて順番に取り組んでゆくことが重要です。

そのために最初に取り組むのは、業務の「視える化」です。

業務の視える化とは?

業務を改善しようと思っても、その業務自体を把握できなければ正しい改善はできないですよね。そのため、まず自分たちの組織やチームはどのような業務を行っているのかを客観的に理解できるように「視える化」(可視化)するのです。

そうすると、これまで当たり前だと思って行っていたことや、ほかのメンバーが行っていたことを把握することができ、自然と課題も見えてくるでしょう。

では、業務の可視化はどのようなポイントで行えばよいのでしょう。

まず業務の単位をどう設定するかですが、基本的にはインプットとアウトプットの単位をひとつの「業務」とするのがわかりやすいでしょう。

つぎに必要なのは、このひとつのアウトプットを行うために必要な作業の分類と作業量、そして手順です。これにより、どのような種類の作業にどれだけ時間がかかっているのかを把握します。特に作業の分類は重要です。一つの「作業」というのは通常複数のプロセスから成り立っています。そのため、作業項目を、大分類、中分類、小分類として分類し、それぞれの作業量を明確にします。

たとえば、毎月の業務報告書を作成するという業務を考えてみましょう。

報告書には

  • ・月初時点での目標値
  • ・月末時点での実績値
  • ・製品ごとの実績と前月比
  • ・担当者ごとの実績と前月比
  • ・翌月の課題

を盛り込むものとします。

システム上には現時点での目標や実績しかないとすると、月初時点のデータを保存しておかなければいけないかもしれません。このような一つの作業に多くの作業量を費やしている可能性もあるのです。

また、製品ごとの集計は製品部、担当者ごとの集計は営業部など、情報元が多岐にわたっていて、散在しているデータを収集するだけでも大きな時間を費やしているということも珍しくありません。

上記の例では、データの収集に時間がかかっているのか、収集したデータの加工に時間がかかっているのかなど、課題を明確にするとよいでしょう。

ひとつのアウトプットに対して作業を分類し、作業量と手順を明確にすることで「可視化」が可能になります。その際には、人による作業だけでなく、使用するシステムやデータの所在なども合わせて明記しましょう。

業務改善の基本「ECRS(イクルス)」とは

業務の可視化ができると、次はその改善ポイントを絞り、対策を取ってゆきます。その時の考え方が「ECRS(イクルス)」です。

可視化された業務に対して、個別の作業をどのように改善するかを検討するためのフレームワークです。基本的には改善のための検討は、以下に述べるアプローチのどれかを当てはめることで達成することができます。

ECRSとは「Eliminate」「Combine」「Rearrange」「Simplify」という4つの言葉の頭文字を取ったものです。それぞれの意味は次の通りです。

  • Eliminate...排除する
  • Combine...まとめる
  • Rearrange...組み替える
  • Simplify...簡素化する

これは業務改善を実施するにあたって、対象の業務を見直す際に用いるアプローチと手順です。簡単に言えば「無駄な業務は排除する→排除できなければ類似した業務をまとめる→まとめられなければ業務の順序や作業手順を組み替える→組み替えが無理なら簡素化する」という手順で業務を見直すことで、効率良く業務改善を進めていくことができます。では、それぞれ細かく解説していきたいと思います。

・Eliminate(排除する)

日常で何気なく行っている業務の中には、改めて見直すと「これ本当に必要?」という業務があったりします。

たとえば、他部署の管理職や役員が確認するための資料作成があるとします。しかし、その資料は本当に確認されて、有効に活用されているのでしょうか?

他には会議終了後に送信する議事録メール。ファイル共有スペースに議事録を保管すれば、無駄にメールで送信する必要は無くなるのではないでしょうか?

こうした普段気づかない無駄な業務は案外潜んでいるものです。当たり前だと思っていることへの疑問の目を持つことに抵抗を感じるかもしれませんが、それこそが改善への出発点です。これらを排除することが業務改善において最も簡単かつ効果的なのです。そのために各業務の目的と成果を改めて見直し、排除できる要素がないか検討してみましょう。

・Combine(まとめる)

排除ができない業務なら、次の「まとめられないか?」を検討します。

たとえば毎週行っている定例会議があるとします。定例会議自体を無くすことはできなくても、定例会議以外にもほかの会議はあるでしょう。同じようなメンバーで会議を実施しているのなら、その会議と定例会議を一緒に実施してみてはどうでしょうか?

そうすることで、会議時間を連絡したり出欠確認を取ったり、会議準備にかかる時間を大幅に削減できます。業務を可能な限りまとめられれば、無駄を排除するのと同じくらい効果を発揮するのです。

・Rearrange(組み替える)

業務を行う順序や作業手順というものは、業務マニュアルが無くとも大方決まっているものかと思います。しかし、その順序や手順は果たして最適なのでしょうか?これはつまり業務の再設計を行うことで、より効率良く業務を遂行するための順序や作業手順を見つけるという取り組みです。

たとえば営業職のルート営業。毎回、訪問する顧客ごとにルートを変更することで時間を効率良く使うことはできないものでしょうか?

業務の順序や作業手順は無駄が多い部分の一つです。システムへのデータ入出力などを含め、最適な順序や手順を模索してみましょう。

・Simplify(簡素化する)

最後に検討すべき取り組みが「簡素化する」です。業務をもっと簡単にできないだろうか?

チェック方法をもっと単純にできないだろうか?などを考え実行することで、小さくとも業務効率化に貢献します。

たとえば頻繁に作成する資料は部署内でテンプレートを決めたり、業務の一部を専門業者にアウトソーシングしたり、業務効率化のためのツールを導入したり、、、。簡素化するという取り組みを実施する方法がいろいろあります。

その中から費用とパフォーマンスのバランスを考慮して、最適な取り組みを選ぶことで高い改善効果を発揮することができるでしょう。

このような視点で各作業を見直すことによって、抜けもれのない改善ができます。特に可視化によって判明した、作業量が相対的に多いところから始めると、より大きな効果を得やすいでしょう。

業務改善のネタは身近なところにあり 業務改善のネタは身近なところにあり
業務改善のポイントはファイルサーバの整理 業務改善のポイントはファイルサーバの整理

まとめ

いかがでしたでしょう?今回ご紹介した業務改善の基本的な取り組むステップはたった2つです。まずは業務自体を可視化し、次に個別の作業に対してフレームワークを使って再検討します。この2つのプロセスを徹底するだけで、業務改善は成果を上げるでしょう。

ワンビシアーカイブズでは、情報資産マネジメントのリーディングカンパニーとして、お客様の「情報資産の安全確保と効率的な活用」をサポートしています。

文書管理の取り組みは、業務プロセス改善においても重要な役割を担います。

ワンビシアーカイブズが提供する文書管理コンサルティング&アウトソーシングでは、適正な文書管理の実現によりお客様の業務改善をご支援いたします。

弊社サービスについてご不明な点はございませんか?

RECENT POST「文書管理・記録管理」


RELATED POST関連記事


業務改善の基本とは?