X-Tech Innovation 2019東北地区最終選考会に登壇しました | 株式会社ワンビシアーカイブズ

X-Tech Innovation 2019東北地区最終選考会に登壇しました

2019.12.25  株式会社ワンビシアーカイブズ

2019年12月10日(火)主催:七十七銀行、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ、北海道銀行、沖縄銀行「X-Tech Innovation 2019」の東北地区最終選考会に、株式会社ワンビシアーカイブズ、GMOクラウド株式会社、GMOグローバルサイン株式会社の3社連名で登壇いたしました。

X-Tech Innovationとは

「X-Tech Innovation」は、①ICTを活用した各種サービスの革新、②大手・地場企業と新しい技術・ビジネスアイデアを持つスタートアップ企業とのマッチング支援、③上記①・②を通じた地域経済の発展・活性化への貢献を目的としたコンテストです。地区最終選考会は、沖縄、九州、東北、北海道の4地区で開催されます。

X-Tech Innovationとは 1

東北地区最終選考会

書面による1次審査、対面による2次審査を経て、このたび東北地区最終選考会に株式会社ワンビシアーカイブズ 営業本部 営業開発部 マーケティンググループ長・大川、GMOクラウド株式会社 ソリューション事業部 電子契約サービス推進室 ストラテジック・アライアンス担当・金沢様が登壇いたしました。

東北地区最終選考会には、計12社が登壇し、「東北発!"伊達なサービス"」あるいは「デジタルトランスフォーメーション時代の新サービス」をテーマにプレゼンテーションを行いました。当社は、後者のテーマを選定し、電子契約サービス「WAN-Sign」を紹介させていただき、本コンテストの協賛企業である株式会社ジャステック様から「協賛企業賞」を授与いただきました。

X-Tech Innovationとは 2

株式会社ワンビシアーカイブズ 大川 洋史  GMOクラウド株式会社 金沢 由樹様

電子契約サービスは、完全にデジタルな世界のサービスと思われがちですが、実は違います。確かにシステムという観点ではデジタルですが、契約行為には必ず相手方がおり、必ずしも電子的な契約締結に応じてくれるとは限りません。せっかくシステムを導入しても、社内で利用が広がらず、ペーパーレス化を断念してしまうという悩みも、当社が電子契約サービスの市場に参入するきっかけとなりました。

当社は、半世紀にわたり情報資産管理事業に携わり、主に書面の契約書などを管理してきました。一方、日本にインターネットを普及させてきたGMOインターネットグループのGMOクラウド、そのサービスを電子署名認証局として支えるGMOグローバルサインとの協業により、紙と電子、デジタルとアナログを融合する、新しい電子契約サービスを創出できると考えました。

関連資料:

電子契約サービス「WAN-Sign」

日本通運グループが提供するGMOクラウド社「Agree」を基盤とした電子契約サービスが「WAN-Sign」です。「電子契約を導入したいけど・・・残った紙はどうするの?」こんなお悩みを解決するために生まれたサービスです。

電子契約サービス「WAN-Sign」1

電子契約市場は急成長し、普及感も高まりつつありますが、実感としてはいかがでしょうか。実は導入に踏み切れない、システムを使い始めてみたものの、社内で浸透しない、相手方の協力を得られない、といった課題が立ちはだかるという声をしばしば伺います。

アナログからデジタルへのトランスフォーメーション

書類管理との2重負担も、電子契約の潤滑な運用を妨げる要因の一つです。「WAN-Sign」であれば、締結済みの紙の契約書もシステム上で一元管理できるため、複数の仕組みを並行利用する手間がかかりません。

デジタルトランスフォーメーションという重要キーワードについて考える時、完全にデジタル化された世界を思い浮かべてしまいがちですが、必ず残る「アナログ」部分をどのように取り扱い、無理のない形で、デジタル環境に移行していくことが大切ではないでしょうか。

また、電子契約を導入する際は気づかなかったが、実は内部統制の観点からセキュリティオプションが不十分で使い物にならないという話もよく耳にします。こうした陥りがちな問題点に対し、「WAN-Sign」は、IPアドレス制限を標準装備するなど、金融業界等のセキュリティ意識の高い企業を始め、業種や規模を問わず、様々なお客様がご利用可能な電子契約サービスとなっております。

長年培ってきた契約管理のノウハウと、クラウドサービスの技術を組み合わせた、新しいビジネスの形を、電子契約サービス「WAN-Sign」が創り上げてまいります。

無理なくデジタルトランスフォーメーションの第一歩を踏み出す。そのために必要な「デジタル」と「アナログ」を融合させた新たなサービスが、電子契約サービスWAN-Signです。一緒にデジタルトランスフォーメーションの第一歩を踏み出しましょう。

電子契約サービス「WAN-Sign」2

マイナンバーで利用される電子証明書と公的認証について マイナンバーで利用される電子証明書と公的認証について
年末調整をペーパーレスに!契約締結をペーパーレスに!~クラウド型労務・人事管理システム&電子契約サービスを活用した業務効率化セミナー~ 年末調整をペーパーレスに!契約締結をペーパーレスに!~クラウド型労務・人事管理システム&電子契約サービスを活用した業務効率化セミナー~

WAN-Sign機能説明書

RECENT POST「業務効率化」


RELATED POST関連記事


X-Tech Innovation 2019東北地区最終選考会に登壇しました