細胞・検体保管サービス
- Cryogenic Archives -

検体や細胞の長期保存、厳格な品質管理とセキュリティ体制・・
時代が求める安全保管の任務、ワンビシアーカイブズが担います

細胞・検体保管サービスとは

「細胞・検体保管サービス」とは、GxP関連資料保管サービスで豊富な実績を持つワンビシアーカイブズが提供する、細胞その他生体の一部組織等の生体試料を、液体窒素タンクやディープフリーザーで保管するサービスです。

以下のような悩みに対応できます

細胞・検体の保管は万全ですか?

選ばれる理由

安全な保管、確実な輸送、設備運用

認証取得(ISO/IEC27001、医薬品製造業許可)

ISO/IEC27001(情報セキュリティマネジメントシステム)認証

ワンビシアーカイブズは、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格ISO/IEC27001を取得しています。
お客様の信頼に応えるべく、2004年に取得した「ISMS(Ver2.0)およびBS7799:PART2:2002」認証からスタートし、取得範囲を拡大しながら、情報管理体制の継続的な向上に務めています。

医薬品製造業許可 取得

凍結細胞等の保管サービスに関連し、サービスの拡大を図るため、医薬品製造業(包装・表示・保管)の許可を取得いたしました。これにより、医薬品原料・中間製品等の取り扱いが可能となります。

活用メリット

細胞・検体の保管は万全ですか?

オーダー管理

Web対応の保管物管理システムをご利用可、検体管理台帳機能も実装

Web対応(クラウド型)保管物管理システムをご用意。
弊社への各種オーダーのほか、検体管理台帳機能も実装しています

Web対応の保管物管理システムをご利用可、検体管理台帳機能も実装

ご利用シーン

細胞・検体保管対象リスト

温度別:細胞・検体保管対象リスト

温度 用途 凡例
-150℃帯 研究や医療を目的とする細胞・検体、難貯蔵性種子等の凍結状態での長期保管および輸送 遺伝子、骨髄、血液、種子(発芽能力を維持しながら保存することが難しいもの)、等
-80℃帯 研究、臨床試験、治験、試薬を目的とする凍結細胞・検体・医薬品等の保管および輸送 臓器、血液、花粉、治験薬、医療用加工材、等
-20℃帯 薬剤、食材、種子等の冷凍保管および輸送 医薬品、冷凍食品、種子(発芽能力を維持しやすいもの)、等

業界別:細胞・検体保管対象リスト

業界 保管対象物 対象温度帯
製薬
医療機関
・生体(細胞、血液、タンパク質など)
・治験原薬
・原薬
-150℃
-80℃
-20℃
食品 ・酵母菌
・乳酸菌
・麹菌・生体(細胞、血液、たんぱく質など)
-150℃
-80℃
-20℃
農業 ・種子
・土壌
-150℃
-80℃
-20℃

管理体制

細胞・検体に最適な情報管理センター(倉庫)の管理体制

企業や大学等で重要視される細胞・検体をお預かりすることを前提にした管理体制を構築しています。

液体窒素冷凍保管タンク
冷凍保管タンクからの取出し
搬送用ドライシッパー
フリーザー
液体窒素ボンベと自動供給装置

関連サービス

細胞・検体保管サービスに関するお問い合わせ

ご不明な点やご要望など、お気軽にご連絡ください