Oktaの「Okta Integration Network」に、電子署名・電子契約サービス「WAN-Sign」が登録 | 株式会社ワンビシアーカイブズ

Oktaの「Okta Integration Network」に、電子署名・電子契約サービス「WAN-Sign」が登録

2021.12.23  株式会社ワンビシアーカイブズ

 日本通運株式会社(代表取締役社長:齋藤 充)の子会社で情報資産管理のリーディングカンパニーである株式会社ワンビシアーカイブズ(代表取締役社長:佐久間 文彦 以下、ワンビシアーカイブズ)は、Okta Japan株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 渡邉 崇)が運営するアイデンティティ管理・認証基盤プラットフォーム「Okta Identity Cloud」と事前連携する7,200以上のアプリテンプレート群「Okta Integration Network」(OIN)に、電子署名・電子契約サービス「WAN-Sign」が登録されたことを発表します。

ロゴ.png

 
 WAN-Signは、電子契約で締結した契約書の一元管理に加え、書面で交わした契約書の原本管理・保管から電子化作業までを一つのサービス内で提供できる電子契約・契約管理ソリューションです。

 今回、WAN-SignOINに登録されたことにより、Okta Identity Cloudを利用する組織や企業のIT管理者は、WAN-SignとのSAML認証方式を利用したシングルサインオン(SSO)の設定作業を、数クリックで迅速に設定できるようになります。

 組織や企業が業務で利用するクラウド型アプリの導入数が増えており、利用者への迅速なアプリ展開と安全なアクセスを提供することがIT管理者に求められています。OINへの登録により、IT管理者は、アプリをSSOに追加する作業時間のスピードと効率を大幅に向上することができます。



 Okta Japan株式会社の代表取締役社長、渡邉 崇 氏は、次のように述べています。

「ワンビシアーカイブズ様が提供するWAN-Signは、脱ハンコを促進する国産の電子契約サービスとして幅広い業種で使われているツールですので、今回OINに登録されたことを大変嬉しく思います。WAN-SignOINに登録されたことで、Okta Identity Cloudを利用する企業のIT管理者の方は、WAN-SignとのSSO連携を簡単かつ迅速に実現できるようになります。今後Okta経由でのWAN-Signの利便性が向上することを心から期待しております。」

 株式会社ワンビシアーカイブズ 代表取締役社長 佐久間 文彦 は次のように述べています。

「ワンビシアーカイブズは、OktaWAN-SignSSO連携が可能になったこと、『Okta Integration Network』にWAN-Signが登録されたことを心より歓迎いたします。
お客様からはWAN-Signの利用にあたり、不正アクセス防止機能によるセキュリティ強化、従業員によるパスワードの使いまわしによるリスク防止やID管理の効率化を強く求められており、14,000社を超える企業から採用され、多くのお客様から支持を集めているOktaとの連携は必須なものと考えています。
既に7,200以上のアプリケーションと連携が完了している『Okta Integration Network』にWAN-Signが登録されることで、ユーザーの皆様のテレワークの推進に貢献できることと確信しております。」

 電子契約・契約管理サービス「WAN-Sign」は、今後もより利便性が高く、安心・安全な電子契約・契約管理サービスの提供を目指してまいります。

Oktaについて】

Oktaロゴ.png

(URL:https://www.okta.com/jp/)

 Oktaは、すべての人のアイデンティティとアクセスを安全に管理するベンダーニュートラルなサービスプロバイダーです。Oktaが提供するプラットフォーム「Okta Identity Cloud」により、クラウド、オンプレミスを問わず、適切な人に適切なテクノロジーを適切なタイミングで安全に利用できるようにします。7,200以上のアプリケーションとの事前連携が完了している「Okta Integration Network」を活用して、あらゆる人や組織にシンプルかつ安全なアクセスを提供し、お客様の潜在能力を最大限発揮できるように支援します。JetBlueNordstromSiemensSlack、武田薬品、Teach for AmericaTwilioを含む14,000以上のお客様がOktaを活用して、職場や顧客のアイデンティティを保護しています。

 現在、Okta Japanでは、国内のソフトウェア開発ベンダー(ISV)製アプリケーションのOINへの登録を促進するプログラムを展開しています。詳細については以下をご覧ください。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000063011.html

WAN-Signについて】

WAN-Signロゴ.png

(URL:https://www.wanbishi.co.jp/econtract/)

 ワンビシアーカイブズが提供する電子契約サービス「WAN-Sign」は、GMOインターネットグループの「電子印鑑GMOサイン」(GMOグローバルサイン・ホールディングス提供)(※1)とGlobalSign認証局・電子署名(GMOグローバルサイン提供)を技術基盤としています。内部統制やセキュリティ機能などを強化・追加拡張し、書面契約書および電子契約によって締結した契約書の一元管理を実現しました。さらに、書面契約書の原本管理・保管から電子化を一つのサービス内で提供できます。他にはない独自サービスの電子契約・契約管理ソリューションです(特許番号:特許第6898416号)。大手企業や金融機関・政府系機関・公共機関から不動産業・建設業・物流業・製造業・人材派遣業など業種や規模を問わず導入が進んでいます。ワンビシアーカイブズでは単純に電子契約サービスを提供するだけでなく、ワンビシアーカイブズが長年培った情報資産管理や契約管理業務・電子化作業のノウハウに基づいて、お客様の契約管理全体をサポートいたします。

※1)「GMO電子契約サービスAgree」ワンビシアーカイブズの電子契約サービスのプラットフォームに採用(URLhttps://www.gmo.jp/news/article/6406/

GMO電子契約Agree」の名称について、2021212日(金)より「電子印鑑GMOサイン」に変更いたしました。

【株式会社ワンビシアーカイブズについて】
 ワンビシアーカイブズは、1966年の設立以来、一貫して『企業の情報資産の安全確保と管理の効率化』を追求し、堅固なセキュリティ体制のもと、重要な情報資産(機密文書、医薬品開発関連資料、永年保存の歴史資料、テープ等の記録メディア、デジタルデータ、細胞・検体試料など)の発生段階から活用、保管、抹消までのライフサイクル全てをカバーした総合的サービスを提供しています。現在では東京・大阪・名古屋・九州に営業拠点を置き、官公庁や金融機関・医療機関・製薬業をはじめとした4,000社以上のお客様にご利用いただいており、2017年には書類とデジタルの両方をカバーする新しい書類保管サービス「書庫探」をリリースし、お客様の働き方の変革をサポートできるサービスを提供しています。

【参考URL
電子契約サービス「WAN-Sign」システム連携ページ(URLhttps://www.wanbishi.co.jp/econtract/system/index.html

本リリースに関するお問い合わせ先
 株式会社ワンビシアーカイブズ
 営業本部 営業開発部
 TEL03-5425-5300
 E-mailmarketing@wanbishi.co.jp
 Webhttps://wanbishi.web-tools.biz/econtract_contact/