新たなイノベーション創出のエネルギープラットフォーマーとして事業展開するニチガス、日本通運グループの提供する電子契約サービス「WAN-Sign」を導入 | 株式会社ワンビシアーカイブズ

新たなイノベーション創出のエネルギープラットフォーマーとして事業展開するニチガス、日本通運グループの提供する電子契約サービス「WAN-Sign」を導入

2021.02.18  株式会社ワンビシアーカイブズ

 1955年にLPガス事業からスタートし、現在は都市ガス事業や電気小売り事業も行う総合エネルギー企業でありながら、新たなイノベーションを創出するエネルギープラットフォーマーとして事業を展開する日本瓦斯株式会社(代表取締役社長執行役員 和田 眞治、商標 ニチガス)は、この度、日本通運株式会社(代表取締役社長 齋藤 充)の子会社で情報資産管理のリーディングカンパニーである株式会社ワンビシアーカイブズ(代表取締役社長 佐久間 文彦 以下、ワンビシアーカイブズ)が提供する電子契約サービス「WAN-Sign」(URLhttps://www.wanbishi.co.jp/econtract/)を導入しました。

電子契約サービス「WAN-Sign」の導入により期待できる効果

(1) 紙面で締結する契約書数を9割減らすことを目標として契約の電子化を推進
(2) オーナー様との「ガス供給契約書」を含む各種契約の締結、同意書の取得等も非対面化・効率化
(3) 各グループ会社の取締役会・監査役会議事録を電子署名へ移行、運営を効率化

サービス採用理由

(1) 機能面  :詳細な権限設定やフォルダ作成等、内部統制や契約管理機能が充実
(2) コスト面 :初期導入費用無料、運用費も他社サービスに比べ低額、全機能利用でも追加費用無料
(3) サポート面:契約実務のWAN-Signへの落とし込み時や社内操作説明会時の手厚い支援

【ご参考】

 ◇日本金融通信社の金融総合専門紙「ニッキン」にて、金融機関での電子契約サービス『WAN-Sign』利用拡大について掲載されました(2020.12.04

https://www.wanbishi.co.jp/news/201204150000.html

◇日本通運、電子署名を活用した電子契約サービスを全社導入 ~ワンビシアーカイブズの電子契約サービス「WAN-Sign」を全社で採用~(2020.10.09

https://www.wanbishi.co.jp/news/201009110000.html

【電子契約サービス「WAN-Sign」について】

WAN-Sign

URLhttps://www.wanbishi.co.jp/econtract/

 ワンビシアーカイブズが提供する電子契約サービス「WAN-Sign」は、GMOインターネットグループのGMO電子印鑑Agree(GMOグローバルサイン・ホールディングス提供) ※1 とGlobalSign認証局・電子署名(GMOグローバルサイン提供)を技術基盤として、内部統制やセキュリティ機能などを強化・追加拡張し、書面および電子契約によって締結した契約書の一元管理、さらには原本の管理・保管から電子化を一つのサービス内で提供できる独自の電子契約・契約管理ソリューションです。大手企業や金融機関から不動産・建設・物流・製造・人材派遣業など業種や規模を問わず導入が進んでいます。ワンビシアーカイブズでは単純に電子契約サービスを提供するだけでなく、長年培った情報資産や契約の管理業務・電子化作業のノウハウに基づいて、お客様の契約管理全体をサポートいたします。

(※1)「GMO電子契約サービスAgree」ワンビシアーカイブズの電子契約サービスのプラットフォームに採用(URLhttps://www.gmo.jp/news/article/6406/
   「GMO電子契約Agree」の名称について、2021212日(金)より「電子印鑑GMOサイン」に変更いたしました。

【日本瓦斯株式会社とは】

 日本瓦斯(ニチガス)は、関東一円(関東地方16県、山梨県、静岡県)において、グループ全体で181万件(202012月末時点)を超えるお客様にエネルギーを供給している総合エネルギー企業です。ニチガスは、60年以上の歴史があり、関東一円におけるLPガス小売販売のお客様シェア1位です。エネルギー小売の自由化以降は都市ガス事業、電気小売り事業でもシェアを拡大しています。また、昨今では、デジタルトランスフォーメーションの取り組みにも力を入れてしており、ガスメーターのオンライン化IoT機器「スペース蛍」や、毎月のエネルギー使用量が一目で確認できるアプリ「マイニチガス」の開発も行い、お客様の生活をより便利で快適にするための挑戦を続けています。

【株式会社ワンビシアーカイブズとは】

 ワンビシアーカイブズは、1966年の設立以来、一貫して『企業の情報資産の安全確保と管理の効率化』を追求し、堅固なセキュリティ体制のもと、重要な情報資産の発生段階から活用、保管、抹消までのライフサイクル全てをカバーした総合的サービスを提供しています。現在では東京・大阪・名古屋・九州に営業拠点を置き、官公庁や金融機関・医療機関・製薬業界をはじめとした4,000社以上のお客様にご利用いただいており、2017年には書類とデジタルの両方をカバーする新しい書類保管サービス「書庫探」をリリース、2019年にGMOインターネットグループと協業開発し電子契約・契約管理サービス「WAN-Sign」をリリースし、お客様の働き方の変革をサポートできるサービスを提供しています。

以上

【報道関係お問い合わせ先

●株式会社ワンビシアーカイブズ
 経営企画部 広報担当 日野・石川
 TEL:03-5425-5400
 E-mail:koho@wanbishi.co.jp

WAN-Signに関するお問い合わせ先】

●株式会社ワンビシアーカイブズ 
 営業開発部(電子契約サービス「WAN-Sign」担当)
 TEL:03-5425-5300
 E-mail:marketing@wanbishi.co.jp
 Web:https://wanbishi.web-tools.biz/econtract_contact/


株式会社ワンビシアーカイブズ】(URLhttps://www.wanbishi.co.jp

会社名

株式会社ワンビシアーカイブズ

所在地

東京都港区虎ノ門4丁目128号 虎ノ門タワーズオフィス

代表者

代表取締役社長 佐久間 文彦

事業内容

■情報資産管理事業

■保険代理店事業

資本金

40億円(日本通運株式会社100%子会社)

法人番号

4010401065760

※記載されている会社名、製品名は、各社の商標、もしくは登録商標です。
Copyright (C) 2021 NIPPON GAS Co.,Ltd.
Copyright (C) 2021 Wanbishi Archives Co.,Ltd.